東京で看護師が転職する時の注意点

大都会である東京には、数えきれないほどの医療機関があり、看護師の求人を出している病院やクリニックは非常に多いと言われています。そのため、看護師にとって転職がしやすい状況だと言えますが、安易に転職に踏み切ってしまうと、入職してから後悔してしまう場合もあります。そこで、今回は看護師が東京で転職するときの注意点を紹介したいと思います。

まず第一に言えることは、東京は看護師の給与水準が高いために、本来の転職目的を見失ってしまう危険性があるということです。例えば、職場の人間関係に疲れて転職を決めた看護師が、予想以上に好待遇の求人を発見したとき、職場の雰囲気や人間関係を二の次にして、転職に踏み切ってしまうというケースがあります。このような場合、転職した後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性があり、再び転職をすることになるという話は少なくないようです。したがって、どれだけ給料が高い好待遇の求人を見つけたとしても、転職の希望条件を見失なわないようにしなければなりません。

また、東京は専門性の高い医療機関が多いので、自分がどのような分野でキャリアを積みたいのかを、事前にしっかり考えておくことも重要なポイントです。もしも、認定看護師の資格を取得したいと思っている場合は、資格取得に対して積極的に後押ししてくれる職場を選ぶ必要がありますし、診療科目や病院の種類、専門性を考慮したうえで、適切な医療機関を厳選することも重要です。その他、勤務先が通いやすい場所にあるかどうかも、事前に確認したほうが良いかもしれません。夜勤に入るときに問題なく通勤できるかどうかなど、公共の交通機関の充実度もチェックしておいたほうが安心です。